ハイハイしてオムツが交換できない!どうすれば…?

寝返りやハイハイが始まると、移動が楽しくてしょうがなくて、赤ちゃんはなかなか横になってくれません。オムツを換えるよー、と声をかけて、やっとのことで横にしてもおもちゃに突進していってしまってすぐに逃げ出してしまうこともしばしば…。なかなか換えられず、オムツ交換にイライラしてしまいますよね。こんな時はどうやってオムツを変えたらいいのでしょうか。

・寝てやる遊びで気をそらしながら交換する
赤ちゃんを仰向けにしてスキンシップをしながら遊んだり、おもちゃを見せたりしながら、赤ちゃんが気を取られている間にオムツをさっと交換します。

オムツを替える場所の天井に赤ちゃんが気になるポスターやシールを張ったり、メリーを吊るしたりしてできるだけ赤ちゃんの意識が天井に向くようにして、移動したい気持ちをごまかします。

・パンツタイプのオムツカバーを使う
動き回る赤ちゃんの腰に手を回して、マジックテープを固定するのは難しいですから、パンツタイプのオムツカバーに変更して使うというのも手です。マジックテープをする必要がありませんから、ズボンをはかせる感覚でオムツを装着させることができます。

パンツタイプを使う場合は、赤ちゃんの股におむつを挟んでから、パンツタイプのオムツカバーをはかせます。パンツタイプのオムツカバーはオムツがずれにくいので、ハイハイで動き回る赤ちゃんにも安心です。

・一体型のオムツやポケットタイプに切り替える
成型オムツと輪形オムツは特に、オムツカバーとオムツが分離しているので、赤ちゃんが動くと装着しづらかったり、時間がかかってしまったりします。時間の短縮に、すぐに装着できる一体型のオムツやポケットタイプのオムツに切り替えるのも手です。

・すぐにつけるのを諦める
動きまわるのを、長時間まとめて静止状態にするのは困難です。一度でつけるのは難しいので、いっそ諦めて、急いで適当につけて、赤ちゃんと遊んだり、何度か仰向けにしたりして何度かマジックテープを付け直し、整えていく方法です。

ハイハイをする頃であれば、かなりおしっこやうんちの回数も減ってきている頃のはずですから、オムツ交換時はおしっこをしたばかりで、すぐにオムツがつけられなくても、すぐに漏れてしまう、という心配もありません。のんびりとした気持ちで何度か調整しながら交換します。

・逃げられないように固定する
バウンサーなどの移動できないように固定できる腰ベルトを装着して、オムツを替えます。両足で肩の辺りを固定して換える方法もあります。いずれにしろ無理やり押さえつけるので、力の強くなってきた赤ちゃんですと本気で抵抗された場合には逃げられてしまう可能性があります。

いかがでしたでしょうか。ハイハイが始まった頃になると、あまりのオムツの交換しづらさに布オムツをやめてしまう方もいるようですが、1歳ごろにはだんだん言うことを聞いてくれるようになり、オムツ換えもしやすくなってきます。それまではご紹介の方法でオムツ交換を試してみてはいかがでしょうか。