またうんちが漏れた…原因と回避策は?

うんちの量が多くなってくると悩ましいのがうんち漏れ。酷い時には、うんちの度に毎回うんち漏れしてしまって、カバーも服も総着替えで洗濯物だらけなんてこともあるでしょう。何度も続くとイライラしてしまいますが、一番の原因はオムツと体との隙間です。

うんち漏れをする時には、背中漏れをするか股の脇に漏れる横漏れかのいずれかです。実は股の脇の漏れも背中漏れも、布オムツも紙オムツも両方起こります。股の脇の漏れは布オムツの方が発生しやすいですが、背中漏れは紙オムツも布オムツも変わりません。むしろ、対策ができる分、布オムツの方が背中漏れを防止できる率が高くなります。

背中に漏れてしまう場合、うんちが出てからおしりの割れ目沿いにうんちが伝って漏れてしまいます。出た瞬間には漏れていないのに、オムツを換えるために仰向けに寝させた時に漏れてしまう、ということもあります。

布オムツで背中を回避するには、この割れ目のうんちをオムツでキャッチしてやればいいのです。具体的には、布オムツの背中側の最後の所を内側に少し折り返し、段差をつけて外に漏れないようにします。これをやるだけでかなり背中漏れは軽減されます。漏れてもカバー内だけで済むことも多いです。

輪オムツを使用している場合、縫い目の所を背中側にするだけでも背中漏れを軽減できますが、折りこんだ方がより確実に背中漏れを軽減できます。一番いいのは、縫い目を背中側にした上で、背中側を少しだけ折り込む方法です。この場合には少ない折り返しでも折り目が安定しやすく、うんちをキャッチしやすいです。

股の横漏れは非常にやっかいです。布オムツと足の間の隙間を埋めるように布オムツをつけられればいいのですが、なかなか一枚では簡単に隙間を埋めることができません。

もちろん、一枚使いでもオムツの折り方の工夫で、一枚で股にギャザーをつけて使うこともできます。ですがこの場合には肌に当たるオムツの面積が小さくなってしますので、うんちが多いとオムツでうんちが受け止めきれずに結局横漏れしてしまうことが多いです。

うんちの横漏れを防ぐには、オムツを二枚重ねして使いましょう。一枚は普通どおり、4分の1にたたみ、その上に肌に当たるオムツを重ねます。肌に当たるオムツは正方形になるように半分に折りたたみ、布オムツカバーからはみ出した状態で一度布オムツをつけてはみ出したオムツを、オムツと足との間を埋めるように押し込んで完成です。

他には、同じように二枚重ねにして、肌に当たるオムツをはじめからギャザーを作るように両脇を織り込んでオムツを装着する方法もあります。オムツの隙間の埋め方は好みがあると思うので、いろいろ試してみてください。

いずれの場合も、この二枚重ねの方法だと、肌に当たらないほうのオムツは、ウンチがつかないのでそのままバケツに入れられます。ウンチオムツを洗うのは一枚だけなので、オムツを一枚だけしか使っていない方もほとんど手間が増えません。装着の時の手間だけでウンチ漏れを回避できますので、横漏れにお悩みの方はぜひ試してみてください。

また、見過ごしがちですが背中漏れも横漏れも、一番の原因は布オムツカバーのサイズが合わないことです。

小さすぎるオムツカバーはおしりが充分カバーできず、背中漏れしやすいですし、大きすぎるカバーは股に隙間ができやすく横漏れしやすくなります。できるだけぴったりのサイズのオムツカバーを使うことも気をつけてみてください。

以上のように、うんち漏れはオムツのたたみ方の工夫とオムツカバーのサイズ選びで対策できます。漏れが気になる場合はまず、サイズから確認してみてくださいね。