保育園でも布オムツ?使い方のコツ

働くお母さんの強い味方、保育園。共働きだから保育園行かせないといけないし、布オムツなんて無理、と思っている方いませんか?保育園で布オムツが使えるかどうかは、保育園によって方針が違います。

まずは、行かせる予定の保育園が、布オムツ対応なのか、紙オムツしか使えないのか調べる必要があります。保育園によっては、布オムツしか使えない、なんてところもあるので確認が必要ですね。

実は、保育園で布オムツを使ってもらう場合、コツなんてないほど、簡単に使えちゃいます。というのも、布オムツで面倒な交換の多さや、洗濯前の予洗いの面倒はほとんど保育園で済ませられるからなんです。

布オムツが使える保育園の場合、オムツの用意の仕方は2通りになります。一つ目は、自宅からオムツとオムツカバーを用意して預ける方法。二つ目は、保育園がオムツを用意し、保育園が保護者にオムツ代を請求する方法です。

オムツを自分で用意する場合には、換えのオムツを7~10枚程度とオムツカバーを2枚程度用意し、保育園へ預けることになります。そして、子どもを迎えに行った時に、使用済みオムツをまとめて持って帰って洗濯することになります。

オムツは交換から洗濯までの時間がかかればかかるほど臭くなったり、汚れが落ちにくくなります。ここがとっても面倒だ!と思われるのではないかと思いますが、大丈夫です。返ってきたオムツは家に帰ってから、バケツにそのままほおりこんで洗剤につけておけば、たいてい平気です。後は翌日に洗濯機任せで洗ってしまえば少し干す量は多いですが、それで終わりです。色が残っても天日干しで大体消えます。

保育園で使用済みのオムツは、うんち汚れをさっと流す程度は保育士さんが予洗いをやってくれますから、家でわざわざ手洗いをしてから洗濯をしなくてもバケツと洗濯機任せで全く問題ありません。どうせ保育園で汚して返ってきた服を洗濯機にほおり込むのですから、そのついででぱぱっとやってしまえば手間もかかりませんね。

布オムツを保育園へ持っていって使ってもらう場合、家で使っている時よりも、オムツの交換に伴う作業がグっと減るので、もっとラクチンになってしまっていますね。家ですごす時と、保育園に行く時のオムツの洗濯量は変わらないので、負担も増えません。

もう一つの、保育園側でオムツを用意される場合はもっとラクチンです。オムツは保育園で用意したものを使い、洗濯も保育園で行うか、保育園の委託業者がクリーニングしますから、家出オムツを洗う必要も、たたむ必要も、オムツを持って帰る必要もありません。オムツ代を支払ってさえいれば、布オムツを使ってくれます。

赤ちゃんのために布オムツ育児をしたいけど、保育園がネックだ、なんて方は、布オムツのみでオムツ代を徴収しているところを探してみるのも手かもしれませんね。

保育園で布オムツを使うには、まずは対応している保育園を探す必要があります。後は家でバケツと洗濯機に任せて洗濯して手抜きをするというのが一番のコツです。近年はだんだん布オムツを推奨する保育園も増えてきているようですから、ぜひ検討してみてください。