お出かけで布オムツを使うのは無理?

布オムツを自宅で使うのはいいけど、外出の時はちょっと無理だなー、なんて人も多いと思います。実際、外出のときだけ紙オムツを使うという人の声もチラホラと聞きます。

お出かけの時の布オムツ使用の問題は、換えの布オムツがかさばること、交換した布オムツの処理、持って帰るオムツもかさばることでしょう。もっと根本的に、交換回数が多いから面倒、交換に時間がかかって大変というのもあるかもしれません。

でも、出かける前に、わざわざオムツカバーを外して紙オムツに交換して、家に帰ってからまたオムツカバーを用意して布オムツに交換して…って、面倒臭くありませんか?もちろん紙オムツを使うな!という意味ではありません。半日以上の長いお出かけや旅行では、紙オムツの方が便利だと思います。でも、2~3時間のお出かけや日常のお買い物ならわざわざ使い分けるよりも布オムツを使った方がが断然ラクチンです。

お出かけに必要なオムツアイテムは、オムツ、漏れた時用の換えのオムツカバー、おしり拭き、持ち帰り用の袋、オムツ換えシートです。お出かけする時間にもよりますが、換えのオムツは3~4枚はあると安心ですね。

まずオムツがかさばる問題ですが、もしもかさばるのがいやな場合には圧縮袋を利用してみましょう。一枚ずつ袋に入れておけばすっきりと薄くできます。また、交換後に同じ袋に入れて持ち帰れば、かさばりませんね。普段からのオムツ交換回数を判断して、持ち歩くオムツの枚数は1~2枚の最小枚数に抑え、それを超える場合は紙オムツを使う、など臨機応変にしてもかさ減らしにつながります。

交換に時間がかかっていやだと感じる場合には、オムツカバーにオムツをセットした状態で持っていくと、交換がかなりスムーズになります。オムツもすぐに交換できる形にたたんでおくと楽ですね。オムツ交換に慣れるとカバーにセットしていなくても交換が早くなりますから、これは省略できるかもしれません。

また、近所のスーパーへの買い物程度の短い外出であれば、お出かけ前にオムツを交換して、帰ってきてからもう一度交換する、という位の頻度でも充分だと思います。

近所の買い物でも、お出かけ前におしっこをしていない場合には、目的地についた時点で一度オムツをすぐに確認すれば、お買い物などの間はオムツを比較的心配せずに行動することもできます。後は帰った後に確認すればいいので、オムツ交換は一回で済みますね。

長時間の外出の場合でも、1歳が近くなってくるとだんだんおしっこの回数も減ってきますので、大人がトイレに行くタイミングを短くし、一緒にオムツ交換をする時間を挟んだりすると良いでしょう。また、オムツ外れ前でもトイレに座らせて「シーシー」と声をかけてあげることで、おしっこをする子も多いので、汚す前におしっこをさせるというのも一つの方法です。

もちろん、移動自体に非常に時間がかかり、赤ちゃんが夜に寝ている間に移動するような場合には、布オムツを使うのは難しいでしょうから、以上の方法も合いません。洗濯物もかさばりますしね。こういった場合には紙オムツを使った方がラクにすごせると思います。

お出かけで布オムツを使うのは無理ではありません。荷物のかさ減らしや、必要枚数の見極め、交換タイミングを確認することで、布オムツでの外出は快適になります。短時間のお出かけや、長時間のお出かけなど、無理だと決め付けずに、用途に合わせて布オムツを上手に使えるといいですね。