slide

素材によって使い方が違う?布オムツカバーの種類と選び方

オムツカバーはポリエステル、綿、ウールがあり、ポリエステルは月齢6ヶ月以上で防水特化、ただし蒸れやすい。綿は低月齢の肌に優しいが、防水性能には劣る。ウールは洗濯縮みするが通気性もよく防水性能も良い。

slide

何枚使う?カバーとオムツの準備枚数

オムツは基本30枚。天候の悪い地域は40~50枚。20枚程度から必要に合わせて増やしていっても大丈夫。カバーは最小枚数2枚。4~7ヶ月は4~5枚必要。布オムツを試しに使う時にはオムツ10枚、カバー1枚から必要に応じて買い足していく。

slide

布オムツは大きく分けて5種類!好みで選びましょう

布オムツは輪形オムツ、成型オムツ、一体型オムツ、フィット型オムツ、ポケット式オムツの種類がある。成型、輪形、フィット型はカバーが必要で、一体型は紙オムツと同じ感覚で使える。ポケット式はポケットに吸収体を入れて使うタイプ。

slide

布オムツの基本準備はここから!5点セットを揃えよう

布オムツの基本セットは布オムツ、カバー、洗剤、バケツ、おしりふきの5点。布オムツはドビー織の輪形オムツが主流。カバーは70サイズ以上はマジックテープの良いもの、おしりふきは好みのものを選び、バケツはふたつきを準備する。洗剤は無添加のもので好みのものを選ぶ。